クラウンマジェスタ初代(S140系)

クラウンマジェスタは、クラウンとセルシオの中間的なモデルとして誕生。初代モデルS140系が、1991年10月に発売されています。

トヨタにとっては日産がセドリック・グロリアがシーマで成功を収めたのに対して、数年遅れてクラウン上位モデルの誕生となったのです。

もっともクラウンマジェスタを誕生させる前の9代目クラウンには、V型8気等DOHCエンジンを搭載したロイヤルサルーンGが存在していました。

当時街中で「ケツを沈ませながら発進するクラウン」と言われ、隠れ走り屋モデルとも言える車が、ロイヤルサルーンGだったのです。

トヨタがその次世代モデルである、クラウン10代目と共に発売したクラウンマジェスタ。

初代S140系モデルはエレクトロマルチビジョンを搭載し、先進技術の粋を集めたような自動車でした。

エンジンはクラウン譲りの直列6気筒の3Lと、セルシオ譲りのV型8気等の4L。どちらも高級セダンにふさわしく、静寂性を保ちながらもパワフルなエンジンです。

また初代モデルS140系から、クラウンマジェスタにはヘッドアプディスプレイを標準装備しています。この装備は国産車唯一となり、マジェスタの特徴的な装備です。

クラウンとのデザイン的な違いとしては、トランクリッドとテールライトの配置です。

マジェスタはアリストと兄弟車的な意味合いもあり、またセルシオとの関係など微妙なポジションの車であったともいえます。

ボディはフルモノコックボディとなり、クラウンが伝統的に守ってきたフルフレームとは違います。これはクラウンの36年間の歴史上、初の試みとなっています。

またボディはセンターピラーがある、ピラードハードトップを採用。クラウンマジェスタは高級車として、ボディ剛性にも力を入れながらスタイリッシュなデザインを誇りました。

初代クラウンマジェスタS140系は、さらに上のクラウンが欲しい層にだけではなく、VIPカーとして若者にも人気のモデル。

ベンツやBMWとは一味違った高級車として、それでいながら既存の枠を超えたような自動車です。

クラウンマジェスタをトヨタが世に送り出したことは、現在のレクサスに代表される国産高級車マーケットの基盤を作った事とも言えるでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

クラウンマジェスタ2代目(S150系)
クラウンマジェスタの2代目モデルはS150系で、1995年から1999年にかけて......

▲このページのトップへ