マークII初代(T60系-T70系)

トヨタマークIIの初代型はT60系とT70系で、1968年9月から1971年12月まで生産されていました。

マークIIの初代は4ドアセダンがT60系で、2ドアハードトップがT70系です。この型式はコロナ50系を引き継いだものです。

発売当時は4ドアと2ドアを同じ車種で共有することが多く、マークIIだけではなくクラウンにも2ドア車が存在していました。

コロナはマークIIの影響を受けて、T50系の次に来る型式はT80系となっています。当のはマークIIは、コロナのラインナップの一部として考えられていたようです。

マークIIのスタイルデザインはコロナのアローラインを継承しつつ、より大きくなって高級感を演出しています。

「コロナから生まれた理想のコロナ」が、マークII発売当初のキャッチコピーです。

まさにコロナの高級バージョンというよりも、コロナが進化したような開発がされていたといえるでしょう。

初代マークIIは4ドアセダン/2ドアハードトップだけではなく、同じボディをステーションワゴンとバンも存在し、さらに驚くことには、ピックアップモデルが設定されていました。

またスポーツモデルは、1600GTの実質後継車であるGSSが用意されており、初代型から走りを意識するユーザー向けの設定を用意していたのです。

搭載されたエンジンは、シングルキャブレターで85PSの1600ccが7R、SUツインキャブレターで100psの7R-B、後に8R-Gに呼称変更される10Rです。

初代マークIIに当初設定された1600ccは、ゴールデンシリーズとしてコロナに設定されたものを引き継いでいます。なおコロナのゴールデンシリーズは、マークII登場と共に廃止されています。

また初代マークIIの後期型フロントマスクはイーグルマスクと呼ばれ、特徴的なデザインが人気となったようです。

マークIIとコロナの関係は、マジェスタとクラウンのような関係とも言えそうですね。一つの車種から派生した上級車種を作る事を、トヨタはこの当時から行なっていたということです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

マークIIの歴史
マークIIはトヨタのアッパークラスサルーンであり、コロナとクラウンの間に位置づけ......
マークII2代目(X10系-X20系)
マークIIの2代目モデルはX10系とX20系で、1972年1月から1976年にか......
マークII3代目(X30系/X40系)
マークIIの3世代目モデルはX30系/X40系で1976年12月~1980年9月......
マークII4代目(X60系)
マークIIの4代目モデルはX60系で、1980年10月に登場して1984年まで生......
マークII5代目(X70系)
マークIIの5代目モデルはX70系で、1984年から1997年(セダンとハードト......
マークII6代目(X80系)
マークIIの6代目はX80系で、トヨタにとっても前世代のX70系がヒットしたこと......
マークII7代目(X90系)
マークIIの7代目はX90系で、1992年10月から1996年8月まで販売されて......
マークII8代目(X100系)
マークIIの8代目モデルはX100系で、1996年9月から2000年9月まで販売......
マークII最終型モデル(X110系)
マークII9代目はX110系で、最終型モデルとなっています。2000年から200......
マークX初代(GRX120系)
マークXの初代モデルは、マークIIを引き継ぐ形で2004年に登場しています。X1......

▲このページのトップへ