マークII3代目(X30系/X40系)

マークIIの3世代目モデルはX30系/X40系で1976年12月~1980年9月にかけて販売されました。トヨタはマークIIに対して、クラウンに継ぐ高級セダンと2ドアハードトップの地位を与えていたのです。

この世代のマークIIは俗にブタ目と呼ばれる2灯のヘッドライトを採用し、何処かアメリカ車を意識したようなデザインとなっています。

ヘッドライトの内側にはスモールランプが装着され、現在の内臓フォグランプをほうふつさせるようなデザインが施されています。

また後期型からはメーカーオプションではありますが、衝撃吸収バンパーを採用、バンパーがボディデザインの一部となりだしていたのも、3世代目マークIIの特徴の一つです。

足回りは前がマクファーソン・ストラット、後がセミ・トレーリング・アームの4輪独立懸架サスペンションを、グレードの高い車種に設定しています。

4輪独立懸架のサスペンションと4輪ディスクブレーキを採用したのは、トヨタ2000GT以来となっています。マークIIがトヨタにとって、重要な位置を占めていたセダンであると言えるでしょう。

このマークIIが販売されていた当時は53年排ガス規制が行なわれたころであり、マイナーチェンジは1978年9月頃から、1980年夏ごろまで時間をかけて行なわれています。

X30系/X40系が最終型になる頃には、GRANDE(グランデ)が登場しています。またマークIIとして初の3ナンバーをつける2600グランデも登場しています。

このエンジンはトヨタ伝統のM型の直列6気筒エンジンで、マークIIの最上級車として人気がありました。

トヨタはこのマークIIのへの信頼と日産のスカイラインを追う車として、兄弟車のチェイサーをオート店から1977年に登場させています。

X30系・X40系のマークIIは独特な特徴あるデザインが評価され、その後も中古車市場で人気を博したモデルです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

マークIIの歴史
マークIIはトヨタのアッパークラスサルーンであり、コロナとクラウンの間に位置づけ......
マークII初代(T60系-T70系)
トヨタマークIIの初代型はT60系とT70系で、1968年9月から1971年12......
マークII2代目(X10系-X20系)
マークIIの2代目モデルはX10系とX20系で、1972年1月から1976年にか......
マークII4代目(X60系)
マークIIの4代目モデルはX60系で、1980年10月に登場して1984年まで生......
マークII5代目(X70系)
マークIIの5代目モデルはX70系で、1984年から1997年(セダンとハードト......
マークII6代目(X80系)
マークIIの6代目はX80系で、トヨタにとっても前世代のX70系がヒットしたこと......
マークII7代目(X90系)
マークIIの7代目はX90系で、1992年10月から1996年8月まで販売されて......
マークII8代目(X100系)
マークIIの8代目モデルはX100系で、1996年9月から2000年9月まで販売......
マークII最終型モデル(X110系)
マークII9代目はX110系で、最終型モデルとなっています。2000年から200......
マークX初代(GRX120系)
マークXの初代モデルは、マークIIを引き継ぐ形で2004年に登場しています。X1......

▲このページのトップへ