トヨタの高級サルーン(セダンと4ドアハードトップ)は、セルシオ、クラウン、マジェスタ、マーク2、クレスタ、チェイサー、等、数多くの高級車が名を連ねます。 現在ではトヨタがレクサスブランドの本格的稼動により、セルシオはLSとしてレクサスへ移行。マークⅡはマークXとなり、クレスタ、チェイサーの名前はありません。 また安全設計の観点から4ドアハードトップは廃止され、すべてピラーのあるセダンボディへと統合されています。

セダンと4ドアハードトップ

トヨタにはクラウンから始まった高級サルーンの歴史があり、その流れはスタイリッシュな4ドアハードトップへと移行していきました。

当サイトではトヨタの代表的な高級サルーンを、世代別に解説しています。

白いマークⅡと呼ばれる4ドアハードトップの流行もあり、トヨタはセダンよりも4ドアハードトップで、数々のヒット作品を生み出します。

クレスタやチェイサーもその例に漏れず、マークⅡとあわせて3兄弟展開が成功。

ライバルである日産自動車の、スカイライン、ローレル、セフィーロ(初代)に対して、販売実績では大きな差をつけています。

またクラウンには更なる上級車種として、クラウンマジェスタが登場。VIPカーを求めるオーナーに、絶大な人気を誇りました。

そして更なる高級車市場への展開から、北米のレクサスブランドで販売されていたLSを、日本ではセルシオとして投入。

この高級車カテゴリーでも、ライバル日産自動車のインフィニティQ45を圧倒した販売台数を挙げ、独自の高級車路線を切り開きます。

その後に国産車ではライバルと思われる、日産自動車のシーマ、ホンダのレジェンドに対して、明らかな優位性を確保。

ライバルは輸入車のメルセデスベンツやBMWとも言われ、国内と北米で高級セダン販売でライバル達を驚愕していきます。

また国内販売ではクラウンが好調で、ミニバンブームの中においても、カローラと共に相変わらずの人気を誇っています。

マークⅡに採用され人気だった4ドアハードトップは、ボディの安全性から廃止され、現在のトヨタでは、すべてピラーのある4ドアセダンへ統合されています。

4ドアセダンは自動車の基本形とも言われる3ボックス(エンジン、乗員、荷物)であり、トヨタのみならず今後もより発展していく車種カテゴリーでしょう。

トヨタ自動車ファン

▲このページのトップへ