クラウン4代目(S60系・S70系)

クラウンの4代目モデルはS60系とS70系と呼ばれ、1971年に誕生します。トヨタはこの世代のクラウンから、トヨペットの冠をトヨタに変更してトヨタ・クラウンと名付けています。

クラウンS60系・S70系は、初代のダルマセリカをほうふつさせるような滑らかなデザインで、クジラのクラウンやナマズのクラウンといった愛称で呼ばれています。

「エレガンツ・クラウン-世界を見つめる」のキャッチコピーで発売され、ボディデザインは4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン/バンの3種類でした。

トヨタは3世代目のS50系では、法人オーナーが中心だったクラウンを個人オーナーにも広めました。その戦略の成功から、S60系・S70系では個人オーナーの更なる獲得を狙ったのです。

しかしながら当時としては斬新なデザインに対して、クラウンを購入するような保守派にはこのデザインは決してウケがよくありませんでした。

ライバルである日産自動車のセドリック/グロリア(現フーガ)に対しても、この世代だけは販売実績が下回ったほど不人気車種となってしまったのです。

しかしながら技術面ではESC(電子制御式スキッドコントロール装置)と呼ばれる、ABSに繋がるような制御を後輪に行なっています。

またEAT(電子制御式自動変速機)をSLグレードに、オートドライブをSL・スーパーサルーン・オーナーでラックスにオプションながら設定。

デザイン的には失敗作ともいわれがちなS60系・S70系のクラウンですが、エンジンも4M型の2600CC搭載モデルを発売し、3ナンバー車としてクラウンらしさをかもし出しています。

もっともスピンドル・シェイプ(紡錘形)のデザインが結果的には販売戦略では成功せず、S60系・S70系クラウンはトヨタにとっては更なる飛躍を妨げる結果となってしまったのも事実。

しかし内面的な部分での技術革新は、モデルチェンジ後のS80系以降の成功に繋がるものでした。

また新車販売終了後は、その個性的なデザインを好む層に受け入れられ、販売台数が少ないことからも中古車として一部では人気があったようです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

クラウンの歴史
クラウンの歴史は、初代RS型が1955年に製造されたことから始まり、その後もトヨ......
クラウン初代型(RS型-S30系)
クラウンの初代はRS型からS30系と呼ばれ、製造年は1955年からはじまり196......
クラウン2代目(S40系)
クラウンの2代目モデルはS40系と呼ばれ、製造は1962年から1967年に行われ......
クラウン3代目(S50系)
クラウンの3代目はS50系で、1967年から1971年に販売させています。この世......
クラウン5代目(S80系-S100系)
トヨタ・クラウンの5代目モデルはS80系からS100系で、1974年にデビューし......

▲このページのトップへ