マークII2代目(X10系-X20系)

マークIIの2代目モデルはX10系とX20系で、1972年1月から1976年にかけて生産されました。ボディタイプはセダン、2ドアハードトップ、ワゴンです。

2代目となったマークIIの型式はセダンとワゴンがX10系で、2ドアハードトップがX20系になります。2世代目となったことでコロナから独立し、マークIIにも初めて専用車両コードが採用されたのです。

エクステリアのデザインも初代モデルから大きく印象を変えて、ファミリーセダンのコロナとは一線を画します。そのデザインは、とても躍動的なものとなっています。

このモデルからは、マークIIにもクラウンと同じのM-B型6気筒エンジンを搭載したグレードとして、LとLGが誕生しています。

また時代背景を物語るように、ステーションワゴンはアメリカ車を意識したのか、マークIIワゴンには6気筒を搭載して、ゆとりある走りのワゴンが存在していました。

6気筒エンジンを搭載するグレードのLGとLXには、電子制御燃料噴射(EFI)を採用した18R-Gエンジン搭載のスポーティーモデル、2000GSSが2ドアHT(ハードトップ)が設定されています。

ただし2000GSSはオイルショック後にトヨタが車種整理を行なった結果、1975年に生産が中止されてしまいました。

これにより排ガス規制対応型の18R-GU型エンジンを、マークII2000GSSが積むことはありませんでした。

マークIIのX20系2ドアハードトップは、特撮怪獣ドラマのウルトラマンAにTACの専用車両、タックパンサーとして登場しています。

子供番組に採用されると言う事は、子供を持つ親である20代後半から30代後半世代を、トヨタはマークIIの2ドアハードトップを販売するターゲットとして捕らえていたのかもしれません。

このマークIIの2ドアハードトップは、後のソアラに繋がっていくモデルとも言えそうですね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

マークIIの歴史
マークIIはトヨタのアッパークラスサルーンであり、コロナとクラウンの間に位置づけ......
マークII初代(T60系-T70系)
トヨタマークIIの初代型はT60系とT70系で、1968年9月から1971年12......
マークII3代目(X30系/X40系)
マークIIの3世代目モデルはX30系/X40系で1976年12月~1980年9月......
マークII4代目(X60系)
マークIIの4代目モデルはX60系で、1980年10月に登場して1984年まで生......
マークII5代目(X70系)
マークIIの5代目モデルはX70系で、1984年から1997年(セダンとハードト......
マークII6代目(X80系)
マークIIの6代目はX80系で、トヨタにとっても前世代のX70系がヒットしたこと......
マークII7代目(X90系)
マークIIの7代目はX90系で、1992年10月から1996年8月まで販売されて......
マークII8代目(X100系)
マークIIの8代目モデルはX100系で、1996年9月から2000年9月まで販売......
マークII最終型モデル(X110系)
マークII9代目はX110系で、最終型モデルとなっています。2000年から200......
マークX初代(GRX120系)
マークXの初代モデルは、マークIIを引き継ぐ形で2004年に登場しています。X1......

▲このページのトップへ