カローラレビン4代目(AE86/AE85)

カローラレビンの4代目モデルは、DOHCエンジンを搭載したAE86が主流で、SOHCエンジンを搭載したAE85も存在します。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

通常86レビンとも呼ばれることが多く、この世代のカローラレビンはAE86型が主流でした。

エンジンは新たに直列4気筒4バルブDOHCの4A-GEU型が、AE86レビンに搭載されます。それまでの2T-GEU型は2バルブのDOHCであった為、大きな転機を迎えるのです。

AE86レビンの一番大きな特徴は、FRの駆動方式を持つことです。当時の1600ccクラスはFFばかりの中、トヨタは最後のFRレビンとして86を開発。

速さだけをみればFFのライバル達にかなわないことも多かったのですが、AE86レビンは後輪駆動ならではのハンドリングが魅力。

ジムカーナやラリーなどで、後輪をドリフトさせて走るレビンには、多くのファンがついていったのです。

まさにAE86レビンは、FRのライトウェイトスポーツカーとして誰もが楽しめる自動車でした。

スポンサードリンク

もちろんレース活動でもAE86レビンは活躍して、デビュー戦で総合優勝を飾っています。

ノーマルではあまり早くないといわれていたようですが、その素性の良さからチューニングベースにされることが多かったのです。

またAE86はカローラレビンの兄弟車である、スプリンタートレノと同じ型式になりますが、両者はフロントマスクに大きな違いを持ちます。

カローラは保守的なデザインでもあるため、AE86レビンもおとなしい顔つき。トレノがリトラクタブルヘッドランプを持つのに対し、危なげないデザインをトヨタは与えています。

実際に夜間走行などを考えると、レビンのほうが一定の空力を確保できる仕組み。ガーニッシュ構造の差もあり、モータースポーツに向いていたようです。

同時期に発売されたAE85モデルはあまり売れなかったようですが、販売終了後にチューニングベースとして飼う人が多かったようです。

AE86のようなホットな走りをしないユーザーが多く、車体に傷みが無いことがその理由だったとか。

トヨタにとってレビン最後のFRモデルとなるAE86は、ユーザーが扱いやすい事を前提に開発されたモデルのようです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

カローラレビンの歴史
カローラレビンの歴史は、は1972年3月にTE27型として発売されたことから始ま......
カローラレビン初代(TE27型)
カローラレビンの初代はTE27型で、「ニーナナ」の相性で呼ばれています。1972......
カローラレビン2代目(TE37型~TE55型)
カローラレビン2世代目モデルは、TE37型からTE55型です。1974年から19......
カローラレビン3代目(TE71型)
カローラレビンの3代目モデルはTE71型で、トヨタのライトウェイトスポーツとして......
カローラレビン5代目(AE91/AE92)
カローラレビン5代目はAE91/AE92型となり、先代のAE86/85のFRから......
カローラレビン6代目(AE100/AE101)
カローラレビンの6代目は、AE100/AE101型で1991年から1995年に販......
カローラレビン最終モデル7代目(AE110AE111)
カローラレビンの7代目モデルは、AE110/AE111型。レビンの最終モデルとな......

▲このページのトップへ