カローラレビン2代目(TE37型~TE55型)

カローラレビン2世代目モデルは、TE37型からTE55型です。1974年から1979年にかけて生産され、トヨタがレビンを小ぜわしくモデルチェンジを重ねた世代です。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

1974年4月に、カローラレビンは初めてのフルモデルチェンジを受けます。このモデルチェンジでカローラレビンはTE37型となり、兄弟車といわれるスプリンタートレノはTE47型となっています。

この世代のレビンは2ドアハードトップボディに統一され、トレノとは全くの別物のエクステリアデザインが与えられています。

車両重量が約50kgも増えてしまったために、TE27型に比べるとスポーティーさに欠ける結果になってしまいました。

また発売間もない1975年には、2T-G/2T-GRエンジンが昭和50年排出ガス規制をクリアすることが出来ずに、生産が中止されてしまいます。

そのあおりを受ける形で、1975年11月にカローラレビンTE37型はスプリンタートレノTE47型とともに生産中止となり、非常に少ない販売台数に終わってしまいました。

スポンサードリンク

その後1977年1月に、カローラレビンはTE51型として兄弟車のトレノTE61型と共に再登場を果たします。

2T-G型エンジンが電子制御燃料噴射(EFI)と酸化触媒を採用することで、昭和51年排出ガス規制に適合出来たからです。

もっとも今ではあたり前の燃料噴射装置も、この時代はキャブレターのような自然さが無く、TE27型のファンを納得させるには至らなかったようです。

TE51型のデザインは、スプリンタートレノと共通のクーペボディに変更。フロントまわりの造形が、両者の識別ポイントとなっています。

またカローラの追加モデル、「カローラリフトバック」と共通のフロンとまわりとなり、カローラレビンの持つ特別なスポーツモデル的な印象が薄れています。

その後1978年にはカローラレビンはTE55型へ進化。1978年4月には三元触媒とO2センサーを採用して、昭和53年排出ガス規制をクリアしてトヨタの技術水準の高さをアピールします。

レビンのTE55型と平行して生産されたスプリンタートレノはTE65型となり、外観はTE51型とほぼかわらずに、エンジン面など内面のモデルチェンジを受けています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

カローラレビンの歴史
カローラレビンの歴史は、は1972年3月にTE27型として発売されたことから始ま......
カローラレビン初代(TE27型)
カローラレビンの初代はTE27型で、「ニーナナ」の相性で呼ばれています。1972......
カローラレビン3代目(TE71型)
カローラレビンの3代目モデルはTE71型で、トヨタのライトウェイトスポーツとして......
カローラレビン4代目(AE86/AE85)
カローラレビンの4代目モデルは、DOHCエンジンを搭載したAE86が主流で、SO......
カローラレビン5代目(AE91/AE92)
カローラレビン5代目はAE91/AE92型となり、先代のAE86/85のFRから......
カローラレビン6代目(AE100/AE101)
カローラレビンの6代目は、AE100/AE101型で1991年から1995年に販......
カローラレビン最終モデル7代目(AE110AE111)
カローラレビンの7代目モデルは、AE110/AE111型。レビンの最終モデルとな......

▲このページのトップへ