トヨタには名車2000GTや選手権で活躍したスープラを筆頭に、MR-S、セリカ、レビン、トレノ、MR-2、といったスポーツカーがあります。 現在はMR-Sの生産が終了してしまい、事実上トヨタはスポーツカーから撤退した形になっています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

トヨタのスポーツカー

トヨタのスポーツカーというと、2000GTを思い浮かべるQ車ファンもいるでしょう。当時はヤマハの技術援助と生産だったため、販売企画がトヨタは中心だったようです。

その後はカローラレビンとスプリンタートレノという、大衆車をベースにしたライトウェイトスポーツカーが登場します。

一時は公害規制のために存続が危ぶまれる中、レビン・トレノともにDOHCエンジンを搭載し続けて生産されていました。

またミドル系の車種としては、セリカの存在は忘れられないでしょう。ツインカムターボをいち早く搭載するなど、トヨタのスポーツカーとして先進の技術を詰め込んでいました。

そしてセリカにはXX(ダブルエックス)と呼ばれる上級車種があり、後には輸出仕様と同じスープラの名前が与えられます。

スープラはトヨタのスポーツカー中で、一番レース活動での活躍があった車種。ライバルのスカイラインGT-Rなどと戦い、GT選手権では数多くの優勝もしています。

他のもライトウェイとスポーツカーとして、ミッドシップのMR-2(後にMR-Sとして進化)も存在し、普及型のミッドシップカーとして、若者を中心に人気の的となっています。

トヨタは時代の流れと共に、DOHCエンジンをツインカムと呼ぶようになり、スポーツカーたちに次々と搭載されました。

またターボやスーパーチャージャーといった過給機も与えられ、足回りはダブルウィシュボーン、マルチリンク、スーパーストラット等、常に最新の装備が与えられていました。

現在は国内での不人気や北米での販売減もあり、トヨタブランドのスポーツカーは生産を行っていません。

F1チームを持自動車メーカーとして、トヨタにはライトウェイトを中心とした、スポーツカーラインナップを作ってもらいたいところですね。

トヨタ自動車ファン

▲このページのトップへ