セリカ初代vol.1(TA20/RA20系-TA30/RA30系)

トヨタセリカの初代型は、車両型式TA20/RA20系-TA30/RA30系です。生産が行なわれたのは、1970年から1977年です。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

初代セリカが一つの目標にしたのは、フォード・マスタングといわれています。トヨタはカローラをベースとして、一つ上級車種のセリカを1970年12月にデビューさせています。

セリカは日本車初の量産車ベースのスペシャリティカーあり、プリンス・スカイラインスポーツやシルビアといった、高価なクルマよりも安価に提供できたのです。

セリカは2000GTでも提携したヤマハが作成した名機、直列4気筒DOHCの2T-G型エンジンを最上級モデルの1600GTに搭載します。

セリカや2000GTのみならずトヨタのスポーツカー成功には、ヤマハの功績を抜きには語れないといったところです。

スポンサードリンク

その1600GTを除いては特定のグレードを持たずに、ユーザーが自分の好みによって組み合わせて注文する、「フルチョイス・システム」が採用されています。

エンジン・トランスミッション・外装と、8種類のインテリアから、好みの一台を作り上げられるのです。

しかし1973年4月にリフトバックがラインナップにに追加された際に、トヨタはフルチョイス・システムを廃止。

キャッチコピーの「恋はセリカで」が示すように、デートカーとしての基盤を築きます。また2ドアハードトップは「ダルマ・セリカ」の愛称で呼ばれています。

このリフトバック(LB)は、テールゲートを備えて荷物の積み下ろしが楽になっています。クーペとの違いは、給油口の場所です。

2ドアハードトップではCピラーに取り付けられている給油口が、LBの場合は左右テールランプ間のガーニッシュパネル裏に取り付けられています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

セリカの歴史
セリカはトヨタがカローラをベースにして、比較的安価なスペシャリティーカーとして発......
セリカ初代vol.2(TA20/RA20系-TA30/RA30系)
初代セリカが誕生して5年目の1975年には、1600GTシリーズに搭載されている......
セリカ2代目(TA40/RA40系-TA50/RA50系)
セリカの2代目モデルは、TA40/RA40系-TA50/RA50系で、1977年......
セリカ3代目(TA60/SA60/RA60系)
トヨタセリカの3代目モデルはTA60/SA60/RA60系で、1981年から19......
セリカ4代目(ST160/AT160系)
セリカの4代目はST160/AT160系で、1985年から1989年にかけて販売......
セリカ5代目(T180型)
セリカの5世代目となるモデルはST180型で、1989年9月に登場します。ニュー......
セリカ6代目(T200型)
セリカの6代目となるT200型は、1993年に販売が開始され1999年まで長期の......
セリカ最終モデル7代目(ZZT203型)
セリカの7代目はZZT230型で、1999年から2006年まで販売され、最終型の......

▲このページのトップへ