スプリンタートレノの歴史

スプリンタートレノの歴史は、スプリンタークーペのSLとSRに対して、よりスポーティなホットモデルとして作られたところから幕を開けます。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

スプリンターという大衆車をベースにした、ライトウエイトスポーツカーとして人気を博していたのです。

スプリンタートレノ初代モデルE27型には、セリカ1600GTに採用されていた2T-G型エンジンが搭載されます。

この時代のトレノTE27型は、今でもニーナナのトレノとしてトヨタ歴代モデルの中でも人気をほこります。ノスタルジックカーとして、レビン共々TE27の人気は高いようです。

またスプリンタートレノは、スプリンターとカローラが兄弟車関係にあるように、カローラレビンの兄弟車として発展を続けました。

トレノの中でも際立つのは、AE86型で選んだフロントマスクのデザイン。リトラクタブル型のヘッドライトを持つデザインとなった事は、当時とても斬新なものでした。

大衆車として冒険をしないカローラに対して、スプリンターが歴史的に選んだ道は、より個性的なデザインの自動車。レビンとトレノの関係を見ても、この流れが納得できます。

スポンサードリンク

スプリンタートレノも兄弟車のカローラレビン同様に、TE27型を除いてはスポーツカーとしてだけではなく、スペシャリティーカーとして進化を続けていました。

走りの性能は同じでも、トレノはレビン以上に個性的なデザインの自動車として外観の差をつけて進化しています。

モデルチェンジの中で、駆動方式がFRからFFに取って代わっても、トレノの運動性能は衰えることはありませんでした。

現在スプリンタートレノは、スプリンターシリーズの廃止とスポーツスペシャリティー市場の低迷で、トヨタのラインナップから名を消し、その歴史に幕を下ろしています。

若者のスポーツカー入門車として、スプリンタートレノは愛され続けて進化していました。その輝かしい歴史を考えると、トヨタスポーツカーの入門車として生産を再開して欲しスポーツカーのひとつです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

スプリンタートレノ初代(TE27型)
スプリンタートレノ初代型のTE27型は、1972年から1974年に生産されていま......
スプリンタートレノ2代目(TE47型-TE65型)
スプリンタートレノ2代目のTE47型は、1974年4月から1975年に生産されま......
スプリンタートレノ3代目(TE71型)
スプリンタートレノTE71型はトヨタの入門スポーツカーモデルとして、兄弟車のカロ......

▲このページのトップへ