セリカ5代目(T180型)

セリカの5世代目となるモデルはST180型で、1989年9月に登場します。ニューエアロフォルム呼ばれる、より曲線的なデザインとなっています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

このST180型のセリカは1993年まで製造されますが、国内での販売としてはあまり多くなかったようです。

それでもトヨタはGT-Fourのリアデフに、日本車初となるトルセンLSDを装着。フルタイム4WDとして、更なる進化をさせています。

また4WSと呼ばれる後輪が操舵するシステムを搭載するなど、販売のライバルになるホンダのプレリュードを意識するような装備を搭載しています。

他にもTYPE-Gには本革シートを用意するなど、一クラス上の装備を与えています。セリカはレビン/トレノとダブルエックスの中間にある車種として、独自の道を歩み始めたのです。

また輸出仕様に存在するクーペをベースとした、ST183C型のコンバーチブルを追加。オープンカーを求める層にたいしても、シッカリアピールをしていたのです。

スポンサードリンク

そしてこの当時はワイドボディ化が流行り始めた頃でもあり、GT-FOURAと呼ばれるブリスターフェンダーを持つグレードも登場します。

GT-FOURアドバンスはST185H型の型式になり、より曲線を強調したマッシブなデザインとなったのです。

そしてST180型セリカはラリーでも活躍し、WRCに参戦を始めます。GT-GourRC(ラリーコンペシション)と呼ばれる、ホモロゲーションモデルが5000台生産されます。

日本では1800台が販売され、輸出モデルは当時のラリードライバーである、カルロス・サインツの名前がついていたそうです。

このGT-FourRCは水冷式インタークーラーターボで、タービンはセラミックからメタルへ変更。ライバルのランチア・デルタHTインテグラーレに勝ち、WRCのメイクスとドライバーズをトヨタは手に入れます。

国内販売ではあまりパッとしなかったセリカST180型ですが、モータースポーツの世界、WRCラリーでは燦然たる実績を残したのです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

セリカの歴史
セリカはトヨタがカローラをベースにして、比較的安価なスペシャリティーカーとして発......
セリカ初代vol.1(TA20/RA20系-TA30/RA30系)
トヨタセリカの初代型は、車両型式TA20/RA20系-TA30/RA30系です。......
セリカ初代vol.2(TA20/RA20系-TA30/RA30系)
初代セリカが誕生して5年目の1975年には、1600GTシリーズに搭載されている......
セリカ2代目(TA40/RA40系-TA50/RA50系)
セリカの2代目モデルは、TA40/RA40系-TA50/RA50系で、1977年......
セリカ3代目(TA60/SA60/RA60系)
トヨタセリカの3代目モデルはTA60/SA60/RA60系で、1981年から19......
セリカ4代目(ST160/AT160系)
セリカの4代目はST160/AT160系で、1985年から1989年にかけて販売......
セリカ6代目(T200型)
セリカの6代目となるT200型は、1993年に販売が開始され1999年まで長期の......
セリカ最終モデル7代目(ZZT203型)
セリカの7代目はZZT230型で、1999年から2006年まで販売され、最終型の......

▲このページのトップへ